困難な一年を一緒に乗り越えた仲間に感謝 — 第73回高等学校卒業式 —

学校生活

困難な一年を一緒に乗り越えた仲間に感謝 — 第73回高等学校卒業式 —

  • 前の記事
  • 2021.03.11

    困難な一年を一緒に乗り越えた仲間に感謝 — 第73回高等学校卒業式 —

  • 次の記事

 3月10日(水)、澤柳記念講堂で第73回高等学校卒業式が行われました。密を避けるため会場には卒業生と教職員のみ、残念ながら保護者と在校生の参列は見送らせていただきました。女子175人、男子96人の計271人が、この日高等学校を巣立っていきました。
 中村校長から式辞で、「他人と比べたり、人からの評価を気にしすぎたりせず、自分が大切に思うことを成し遂げるように努力すること、それが人生を豊かにしてくれます。自分自身で考えること、そして個性を大切にしてください。」との言葉が卒業生へ贈られました。在校生の送辞では、「卒業生のみなさんは、私たちにとって輝き続ける憧れの存在です。私たちも、挑戦する気持ちを忘れずにいたいです。」との言葉が贈られました。卒業生の答辞では、「時間を費やした分だけ、なりたい自分に近づけると思う。大切なことに費やす時間を重ねていってほしい。」と在校生へメッセージを残してくれました。
 高校最後の一年がコロナ禍により非日常となった高校3年生にとって、思い通りにならなかったことも多々あったことと思います。そんな困難を乗り越えた経験は、きっと何にでも立ち向かえる自信に繋がっていることでしょう。それぞれの新しい世界で活躍されることを願っています。ご卒業おめでとうございます。

  • 出席したのは卒業生と教職員のみ、 座席も間隔を空けて着席しました
    出席したのは卒業生と教職員のみ、 座席も間隔を空けて着席しました

  • 卒業生一人ひとりの名前が担任から読み上げられ、クラス代表の2名が中村校長から卒業証書を受け取りました
    卒業生一人ひとりの名前が担任から読み上げられ、クラス代表の2名が中村校長から卒業証書を受け取りました

  • 高校3年間皆勤賞の生徒の表彰。精勤賞、その他各賞受賞者の表彰が行われました
    高校3年間皆勤賞の生徒の表彰。精勤賞、その他各賞受賞者の表彰が行われました

  • 中村校長の式辞では「虚栄心」を取り上げて、「他人より上に立つことだけを考えず、孤独に平然と立ち向かえる大人になってほしい」と語られました
    中村校長の式辞では「虚栄心」を取り上げて、「他人より上に立つことだけを考えず、孤独に平然と立ち向かえる大人になってほしい」と語られました

  • 在校生送辞では、コロナ禍でも行事、課外活動で先頭に立って導いてくれた先輩への感謝の言葉が贈られました
    在校生送辞では、コロナ禍でも行事、課外活動で先頭に立って導いてくれた先輩への感謝の言葉が贈られました

  • 卒業生答辞では、団長として参加した飛翔祭が開催できた喜びと、苦しい経験の中で心の支えになってくれた友達への感謝の言葉が語られました
    卒業生答辞では、団長として参加した飛翔祭が開催できた喜びと、苦しい経験の中で心の支えになってくれた友達への感謝の言葉が語られました

活動報告一覧

page top