国際交流を通して自分をみつめる5日間—エンパワーメントプログラムを実施しました—

学校生活

国際交流を通して自分をみつめる5日間—エンパワーメントプログラムを実施しました—

  • 前の記事
  • 2021.07.29

    国際交流を通して自分をみつめる5日間—エンパワーメントプログラムを実施しました—

  • 次の記事

7月19日から23日までの5日間、中学3年と高校1・2年生の希望者を対象として「エンパワーメントプログラム」を実施しました。今回初めての試みとなるこのプログラムは外国人留学生との交流を通して、国際理解を深めるとともに自分自身をみつめ進路を考えることを目的としています。留学生はフランスやカメルーン、アフガニスタンなど様々な国の出身で、プログラム中はすべて英語でコミュニケーションをとります。参加した生徒47名は留学生をグループリーダーとした5、6名ずつの小グループで、ディスカッションやプレゼンテーションに取り組みました。参加者からは「このプログラムを通して、私の世界、視野が広がったと思います。世界には私の知らない国がまだまだたくさんあるのだと肌で感じることができました。」「参加する前は自分の英語に自信がなく、自分を表現したり、意見を述べることがとても苦手でした。しかし、グループのみんなやグループリーダーと5日間過ごし、自分を改めて見つめなおし、自分に自信を持つことができました。そして、プレゼンテーションでも堂々と発表することができました。」といった感想が聞かれ、自分の将来や可能性について考えを深める機会となりました。

7月19日 ①オープニングセレモニー・お互いの自己紹介(自分について3つのポジティブな面について語る)②Goal Setting Activity③英語で話してみよう、④効果的な英語プレゼンテーションについて学ぶ
7月20日 ①「Positive Thinkingについて考える」②英語で話してみよう③プロジェクト「学校をより良くしよう(環境に優しい学校づくり)」
7月21日 ①「My Identityについて考える」②英語で話してみよう③プロジェクト「フードロス」
7月22日 ①「Leadershipについて考える」②「自分の将来の目標について」③「学ぶことの意義」④最終プレゼンテーション原稿の作成
7月23日 ①プロジェクト「ダイバーシティ社会」②最終プレゼンテーション準備③最終プレゼンテーション「このプログラムで自分が得たもの・自分が変化したこと」④クロージングセレモニー・修了証贈呈

活動報告一覧

page top