英語をもっと身につけて、もう一度海外へ! —中学校オーストラリア短期留学報告会

学校生活

英語をもっと身につけて、もう一度海外へ! —中学校オーストラリア短期留学報告会

  • 前の記事
  • 2015.09.25

    英語をもっと身につけて、もう一度海外へ! —中学校オーストラリア短期留学報告会

  • 次の記事

9月19日(土)、中学校のオーストラリア短期留学の報告会が行われました。
4月に参加メンバーが決まってから、ガイダンスや外国人講師とのランチ、英会話レッスンなどを通して事前準備を入念に行って臨んだ現地での生活。食文化や生活習慣の違いに戸惑うことも多かったようですが、現地のSt.Norbert Collegeで日本にはない授業を受けたり、バディやその家族と一緒に出掛けたり、バディの友達ともskypeなどで話をしたり、交流の輪がどんどん広がっていく中で、小さないくつもの大変さを忘れるくらいの楽しい思い出をいくつも作りました。また、「オーストラリアでは、学校内で知らない人でも声を掛けてくれた」「日本人は話を聞くときに黙っているが、向こうの人は相槌を打ってくれるので話しやすかった」など、国民性の違いを感じる瞬間もいろいろとあったようです。
出席した生徒の保護者も熱心に話を聞き、我が子の成長に目を細める様子が見られました。
そして、この報告会の中で、生徒たち全員の口から出たのは「英語力のなさを痛感した」という言葉。もっと英語力を身につけて、積極的に話したいという思いが強くなり、帰国後もバディとLINEやInstagramなどでコミュニケーションをとり続けている生徒もいるとのこと。楽しい思い出も苦い経験も糧にして、さらに自分の世界を広げていくことでしょう。


  • 画用紙に写真を貼ったりエピソードを書いたりして作った報告用のボードを使って体験談を発表


  • 全員の発表が終わった後、先生からオーストラリアの国の形をした修了書が手渡された


  • オーストラリアに戻りたい!バッグには思い出の詰まったお土産のキーホルダー


  • 現地で体調を崩したり、バディとのコミュニケーションがうまくいかなかったりした時に支えあったメンバーたち

活動報告一覧

page top