中学校オーストラリア短期留学を実施しました

学校生活

中学校オーストラリア短期留学を実施しました

成城学園中学校ではこの夏も、3年生の希望者を対象にしたオーストラリアのパースへの短期留学を行いました。東海岸にあるシドニーやケアンズなどの観光地と違い、西海岸に位置するパースは穏やかで美しい海と街があるオーストラリア第4の都市。現地の学校で学びながらホームステイし、文化や自然も体験できる2週間のプログラムです。今年は14人が参加しました。

無事にパースに到着し、ホストファミリーとも対面。いろいろな体験ができる2週間が始まりました。

最初の週末を終え、現地の私立校での授業が始まりました。午前中は英会話、午後は在校生と一緒に授業を受けました。最初は緊張していた成城生も、次第に慣れてプログラムに取り組みました。教室の雰囲気はちょっと日本と違うかな?

また、隣にある小学校の5年生のクラスを訪問。日本文化についてプレゼンし、折り紙やけん玉など日本の遊びを教えて交流しました。何だか、すっかり仲良しになったみたいですね。

美術の時間には、オーストラリアの国旗や動物などをモチーフに、みんな個性的な絵を描きました。

21日には、動物園に行きました。オーストラリアといえば、やはりコアラ!コアラと一緒に記念撮影しました。南半球にあるオーストラリアは冬。パースの天気は変わりやすく、時折強い雨が降りました。

小高い丘にある広大なキングズパークを散策し、その後スワン川沿いを気持ち良くサイクリングしました。この日は気温19度で快晴!青い空と緑のコントラストが素敵ですね。生徒たちの楽しんでいる様子が写真から伝わってきます。

26日に行われたフェアウェルパーティー(送別会)では、生徒1人1人が感謝のスピーチを披露しました。その言葉の一つ一つから、留学を通じて大きく成長した姿を見ることができました。28日に無事帰国。長いようで短かった2週間という濃密な時間を忘れず、生徒たちにはこれからも世界に目を向けて過ごしていって欲しいです。

訪問先のSt.Norbert College のニューズレターで紹介されました。
こちらからご覧になれます。

活動報告一覧

page top