NEWS

  • 2021.10.06

    【副校長ブログ21】秋の一日

 こんにちは。今日は雲ひとつない青空です。すがすがしい秋の風が吹いているグラウンドでは、来週予定されている体育授業発表会に向け、生徒たちがチームパフォーマンスの練習をしています。残念ながら今年度は飛翔祭は中止となりましたが、その代わりに各色の趣向を凝らしたダンスパフォーマンスとクラス全員リレーを実施する予定で、保健体育の授業を中心に現在準備が進められています。

 先日、私宛に一本の電話がありました。不在時にかかってきたようで、昨日こちらから折り返し電話をかけたところ、なつかしい声が受話器の向こうから聞こえます。5年前に担任をしていたクラスの卒業生で、海外の大学院に留学するためにもうすぐ日本を発つそうです。このご時世ですから留学ビザがなかなか下りず、随分と時間がかかったようでした。進学する前に直接話がしたいので連絡したとのことで、とても嬉しく思いました。
 高等学校から入学した彼女ですが、在学中はおとなしい生徒だった記憶があります。いつも穏やかな表情で、勉強や部活動など何事に対しても誠実に対処する姿が印象的でした。彼女は大学時代に一年間交換留学生として海外留学を経験しています。現地の言葉や文化を身に付けながら専門領域を学び、さらに各国からの留学生と知り合いになって自分の世界がとても広がったと言っていました。彼女の落ち着いた人柄や社交性は、違った背景を持つ外国の人にも自然と伝わるのでしょう。今回、大学院への進学を決心したわけですが、周囲の同級生が就職していく中、焦る気持ちもあったかもしれません。しかし、今自分がやってみたいことは何か、じっくり考えた上での決断だと思います。彼女の健康と活躍を心から願ってやみません。
 成城には本当にいろいろな生徒たちが集います。彼らはここで時間と空間を共有し、お互いに刺激し合い、自分の視野を広め、進むべき方向を決め、やがて巣立っていきます。学校もひとつの社会ですから、時にはもめごとが起きたり、物事が上手く進まないこともあります。ですが、さまざまな経験をし、失敗を乗り越え、こどもたちはたくましく成長していきます。今回、成城生ひとりひとりが持っている個性や魅力について、あらためて考える機会となりました。

 ここ数日、キンモクセイの花から甘い香りが漂っています。3週間ほど前にも一度咲いているのに気がつきましたが、環境や種類によって開花の時期や回数が異なるのだそうです。そして成城池のほとりではハギの花が秋風にそっと揺れています。

 穏やかな秋の一日です。

NEWS一覧

page top