多くの高校生が英検の難関級に合格

学校生活

多くの高校生が英検の難関級に合格

本校では実用英語技能検定(英検)を必修とし、高校卒業までに2級以上の取得を目指しています。2015年度は今まで以上に多くの生徒が2級以上の難関級にチャレンジし、その結果第3回終了時点で準1級(大学中級程度)を取得している在校生は18名(高1生1名、高2生2名、高3生15名)に達しました。その中には二次試験に満点で合格した生徒もいます。また3年E組の森迫永依さんが第3回検定で1級(大学上級程度)に合格しました。今回森迫さんに1級合格に向けてのアドバイスをしてもらいました。
「とりあえず単語を完璧にすることです。1級用やそれに相当するレベルの単語帳に載っている単語を完璧にマスターしました。あとは日頃からアカデミックな英語に触れておくことです。BBCやCNNのニュースを読んだり聞いたりして、リスニング力、リーディング力の向上は勿論、2次試験対策の為にも日頃から世界で何が起こっているのか、その原因、解決策は何か、自分の意見は何かなどを考えるようにしていました。私のTOEFL対策の勉強が1級合格の下地になったと思います。今TOEIC、TOEFL、IELTSなどの受験対策をしている人は、それらが1級のリスニングや二次試験での力になると思います。昔思っていたよりも英検1級は遠い夢の話ではなかったし、しっかりとした対策を行っていれば海外経験の有無に関わらず、必ず合格できると思います。頑張って下さい。」

活動報告一覧

page top