学校紹介

学校紹介

制服・校章

制服について

旧制高等学校の流れを汲み、学校設立当初から、男子は「紳士たれ」の精神の下、スーツにネクタイ。現在もブレザー・スラックスの制服を着用することになっています。
女子は旧制女学校の流れから、特に服装は定められていません。制服はありませんが、えり・そでがついた衣類を着用するなどの決まりがあります。
また、男女とも、夏は半袖シャツやポロシャツ、冬はセーターやパーカーの着用が認められています。
男女の違いは学校設立の経緯によるものですが、今では、これも成城学園の伝統になっています。


校章について ~デザインに込められたメッセージ~


成城学園のスクールマーク(校章)は、昭和4年(1929)に制定されました。制定以来70有余年の歴史の積み重ねと時代の変化のなかで多くの学生や卒業生、学校関係者、地域社会に愛され、記憶に留められてきた伝統ある校章です。優れた自立性と求心力、芯のある強さを持つ正円を外輪として、内部に中国の古典『詩経』から引用した「成城」という篆書の二文字をあしらい、装飾性を一切排したデザインは、シンプルで力強く、伝統の風格を漂わせるスクールマークになっています。『成城』の二文字には、「道理をわきまえ、見識の優れた人」すなわち「国を形づくる人」という意味が込められています。

page top