学園NEWS一覧

  • 2018.05.15

    シェイクスピア劇で英語体験

5月10日(木)、澤柳記念講堂でITCL(インターナショナル・シアター・カンパニー・ロンドン)の招致公演を開催しました。英語劇を通して学生・生徒に本物の英語に触れる機会を創出することを目的としています。
ITCLは1980年に結成され、世界各国でツアー公演を行い、日本ではシェイクスピアなどの古典作品を中心に教育機関での公演や一般公演を20年以上も行っている劇団です。
今回上演されたのは『ロミオとジュリエット』。一般公開しない学園関係者向けの公演でしたが、大学生を中心に、高校生や生涯学習事業「成城 学びの森」受講者、近隣の方々など、700名以上もの観客が来場しました。
台詞はすべて英語で、古典的な言い回しも多いので全部正しく聞き取るのは相当大変だったと思います。しかし、日本でもよく知られたストーリーですし、英語が分からない方に向けて日本語字幕も表示していたので、皆様にお楽しみいただけたことと思います。上演後は主演俳優たちにサインを求める学生の姿もありました。

page top