成城学園について

校章・校歌

校章

デザインに込められたメッセージ

校章

成城学園のスクールマーク(校章)は、昭和4年(1929)に制定され、正当性(本物)を訴求すると同時に、視認性及び記憶性が高くマークとしての優れた機能を兼ね備えています。制定以来70有余年の歴史の積み重ねと時代の変化のなかで多くの学生や卒業生、学校関係者、地域社会に愛され、記憶に留められてきた伝統ある校章です。優れた自立性と求心力、芯のある強さを持つ正円を外輪として、内部に中国の古典「詩経」から引用した「成城」という篆書の二文字をあしらい、装飾性を一切排したデザインは、シンプルで力強く、伝統の風格を漂わせるスクールマークになっています。『成城』の二文字には、「道理をわきまえ、見識の優れた人」すなわち「国を形づくる人」という意味が込められています。

校歌

1927(昭和2)年11月6日に大運動場(現在の第1グランド)で開催された全学園体育大会で、かねて生徒に募集中であった校歌の入選作が発表されました。
作詞は、当時、高等科理科乙類2年の鳥居英造氏、作曲は、高等科文科甲類2年の深野明雄氏。
共に旧制成城高等学校の第一回生です。

成城学園校歌

成城学園校歌

作詞 鳥居英造 作曲 深野明雄

1.春の武蔵野あけそめて 黎明つぐる鳥の声 ふりにし松の語るもと 我が成城に栄光あれや はえあれや

2.都のどよみよそにして 友とえらびしこの自然 なれの黙示を胸にして 内なるものを培わん いざやいざ

3.秋の芙蓉のにおうごと 時空の上にそそり立つ 真理こそは一すじに 我がとこしへの命なれ いのちなれ

4.高くかかげし全人の 旗色しるく理想へと 学びの道に進みゆく 我が成城に栄光あれや はえあれや

page top