杉の森館「恐竜・化石ギャラリー」

Scroll

恐竜・化石ギャラリー

「想像」が、未来を拓く。

2020年秋、旧校舎「杉の森館(すぎのもりかん)」を改修し、「恐竜・化石ギャラリー」を開設しました。卒業生のコレクターから寄贈・提供いただいた恐竜化石を中心に展示しています。地球と生物の歴史を知ることは、地球の現在を考え、未来を想像することにつながります。子どもたちの未来を拓く「教材」として、また、専門家の貴重な資料として、多くの方に活用していただきたいと考えています。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在は一般公開を行っておりません。

恐竜・化石ギャラリー

  • イマジンポイント
    恐竜・化石ギャラリーは「IMAGINE」をコンセプトに、子どもたちの知の探求心を刺激する教室です。決まった順路はなく、1F[海の世界]、B1F[陸の世界]を化石の色や質感など、じっくり観察し「想像」してください。

  • 杉の森館外観
    杉の森館は中学校の美術室、図書室として、長い間、子どもたちから愛されてきました。その想いを引き継ぎ、さらに次の世代につないでいくために、壁や床など、できるだけ手を加えず、元の状態を活かしました。

このギャラリーを作るにあたり、解説文など多方面にわたり、多くの方々にご協力を賜りました。厚く御礼申し上げます。

【ギャラリー総合監修】真鍋真
【化石の提供】十津守宏
【協力】
岩田楊子、大野照文、影山昇、加藤太一、久保泰、黒岩千晶、黒須珠子、國府田良樹、後藤道治、佐藤博久、高桒祐司、宮園誠司
株式会社アセットリード、桂石文化振興財団、佐賀県立宇宙科学館、株式会社ザッツ・オールライト、ジュラ株式会社、株式会社ゼネラルサイエンス、株式会社バイオサイレンス

(敬称略・五十音順)