一貫教育の取り組み / Topics

Scroll

「成城学園英語一貫教育CAN-DOリスト」公開

2020.10.22

成城学園では、「国際教育の充実・強化」を重要課題の一つとしてこれまで取り組んでまいりました。
幼稚園から大学までの魅力ある英語一貫教育プログラムを構築するために、2015年12月に「成城学園英語一貫教育推進検討委員会」が設置されました。委員会は2つの答申を理事会に提出・承認を経て、幼稚園から高校の英語教育改革の具体案を策定し教材を一新、外国人講師も増員し学園各校では充実した指導が行われております。

各校の指導が円滑に行われるために「英語を使って何ができるか」幼稚園卒園以降、学年ごとに4技能5領域の学習到達度を示す「成城学園英語一貫教育CAN-DOリスト」が作成されました。リストは2018年1月に第1版、改訂を重ね公開のものは第3版となります。

また2017年4月iPadを導入開始、現在は中高生全員が一人一台iPadを家庭学習で活用しListening, Speaking力を伸ばしています。初等学校でもiPad導入と活用が予定されております。

成城学園は、「英語との素敵な出会い」と「英語で~ができるようになった達成感」があふれています。