教育

教育

高等学校 課外教室紹介

未来を拓くまち 函館探訪(3泊4日)

函館は、なぜ「未来を拓くまち」なのでしょうか。函館は日米通商条約によって1859年に開港し国際貿易港として多様な文化が交流し、近代日本の先駆けとなった場所の1つです。2000年には、「はこだて未来大学」が開学し、先進的な教育や世界と分野を超えて連携した先端技術の研究で高い評価を得ています。このように、函館は日本の「未来を拓く」新たな取り組みが生まれるまちなのです。本講座では、「未来を拓くまち」をテーマに函館を3つの観点から探求します。①函館のまちなみ、特に元町地区を中心とした歴史的建造物の観察を通して函館の歴史、文化を考察します。②「はこだて未来大学」を訪問し、先端技術の研究にふれます。③大沼周辺の自然環境の観察をもとに、函館周辺の持続可能な開発のあり方を考えます。函館での研修をもとに、みなさん一人ひとりが「未来を拓く」取り組みについて考えを深める機会としたいです。

page top