幼稚園生活

おたより

「もうコップとタオル(支度)終わったよ!」「ボタン出来るよ!」「(こんなポーズが出来るのを)見てー!」そんなお子さんの「見て!」に出来るだけ応えていきたいと思っています。もしかしたら、お家でもそのような場面があるのではないでしょうか。もちろん、お子さんの要求全てにその場で応えるのは難しいと思いますし、必ずしもそれが良いとは思いません。「今は出来ないから、ちょっと待ってね。」「今は〇〇とお話してるから、終わったらあなたの番ね。」とお子さんが待つ事も大切な経験です。その代わり、「待って」といったら必ず後で「待っていてくれてありがとう。」とお礼も添えて応えてあげて欲しいと思います。私も、集団の中で全員の話を聞くことが難しく、待ってもらったり、お子さんが我慢してくれている事もあると思います。降園してから、お子さんの言葉や姿を思い出しては、「あんな事言っていたな」と笑みがこぼれたり、「もっと聞いてあげられたら良かった」と反省したりしています。お子さんの「見て!」は、どんなに自分がすごいか、どんなに上手に出来るかという自信に溢れていて私は大好きです。沢山自分の思いを受け入れてもらう経験をしながら、同時に、人の思いも受け入れる、人の話を聞く事も身につけていけるようにと思っているところです。

なのはな組(年少)のクラスだよりから抜粋

おたより一覧

page top