歴史

創立者紹介


澤柳政太郎は、明治・大正時代に「日本教育界の父」と称された、近代日本を代表する教育者・思想家です。文部官僚として小学校の義務教育化や無償化に尽力。東北、京都の帝国大学総長も歴任し、初代総長を務めた東北帝国大学(現東北大学)では日本で初めて女性の入学を認めるなど、近代日本の教育制度確立に多大な足跡を残しました。退官後も教育に対する情熱は衰えず、大正自由教育の中的な存在となる成城小学校(成城学園の前身)を創設しました。

動画 創立者 澤柳政太郎

略歴

1865(慶応元)年
長野県松本市北深志天白町で出生
1878(明治11)年
東京府中学校に入学
1880(明治13)年
東京大学予備門に入学
1884(明治17)年
東京大学文学部哲学科に入学
1888(明治21)年
東京帝国大学文科大学哲学科を卒業、
文部省(現・文部科学省)に入省
1897(明治30)年
第二高等学校校長に就任
第一高等学校校長に就任
1906(明治39)年
文部次官に就任
1911(明治44)年
東北帝国大学初代総長に就任
1913(大正2)年
京都帝国大学総長に就任
1916(大正5)年
帝国教育会会長に就任
成城中学校校長に就任
1917(大正6)年
成城小学校を創設、校長に就任
1922(大正11)年
成城第二中学校を創設、校長に就任
1925(大正14)年
成城玉川小学校を創設、校長に就任
成城幼稚園を創設、園長に就任
1926(大正15)年
成城高等学校(七年制)を創設、校長に就任
大正大学初代学長に就任
1927(昭和2)年
成城高等女学校(五年制)を創設、校長に就任
財団法人成城学園理事長に就任
病気により逝去(享年62歳)
【主な著書】
 
『公私学校比較論』
1890
『教育者の精神』
1895
『ペスタロッチ』
1897
『時代と教育』
1905
『教師及校長論』
1908
『実際的教育学』
1909
『我国の教育』
1910

page top