校長・副校長のページ

  • 前の記事
  • 2017.06.26

    博学深究 22 目指せ!東京五輪セブンス・ラグビー

    博学深究 佐藤卓

  • 次の記事

 来週から1学期の期末テストが始まります。期末テストの結果を受け、生徒たちは、担任の先生との面談を行ない、それが終わるといよいよ成城学園の中学生にとっての大イベント、海・山の学校が始まります。今年度からは、同時期に中学3年生の研修旅行(British Hills)も実施することになり、この時期は、高校生の講習を合わせると全教員が大忙しとなります。
 そんな中、2016年リオ五輪から正式種目となった男女セブンス・ラグビーで活躍する女子生徒の報告が入りました。今回は、サニックス・ワールドユース国際大会に参加した女子生徒に大会の様子などを聞いてみたいと思います。

博学深究 22 目指せ!東京五輪セブンス・ラグビー

中学生の頃の印象だとゴルフ一筋というイメージだけど、どうして女子ラグビーを始めたのですか?
S) もともとプロゴルファーを目指していたのですが、なかなか上手く行かず、悩んでいました。そんな時にラグビー部顧問のN先生から声を掛けてもらいました。父も兄もラグビーをやっていたので、自然とそちらに興味が向きました。
今回出場した国際大会について教えて下さい。どんな国が参加したのですか?
S) イングランド、オーストラリア、香港それに日本のチームが出場しました。強豪であるニュージーランドは、私たちと別のプールだったので、対戦しませんでしたが、結果的に5位になりました。
国際大会だから歓迎レセプションなどもあったんだよね。
S) はい。とても楽しかったです。私たちの出し物は、ダンスをしました。特にPPAPは、外国の人たちも皆知っていて喜んでもらえました。ニュージーランド・チームは、女子も男子もハカ※をやって、とても格好良かったです。
国際大会ならではの貴重な体験だったね。目標とする選手は、いますか?
S) 日本代表の平野優芽という選手です。同い年で、同じチームで、同じくらいの体型の選手ですが、パスもステップも素晴らしいものを持っています。彼女を目標にしています。
目標というよりは、むしろライバルということではないのですか?
S) ライバルでもあり、目標でもあります。彼女を抜いて、日本代表を目指したいです。
なるほど。ラグビーの為に日頃から心掛けていることは、何かありますか?
S) 敢えていうと、食事ですかね。怪我をしないように、しっかりとした体作りをするために栄養面には、気を使っています。
他には?
S) とにかく、今はラグビーオンリーで、時間があればYouTubeでラグビーの研究をしています。以前に太陽生命カップという社会人も出る大会でリザーブに回されてしまいました。後半、ゲームに出してもらったのですが、体力差が明白で、タックルに入ってもすぐに跳ね返されてしまい、思ったプレイが出来ずに悔しい思いをしました。それ以来、自分には、やらなければならないことが沢山あり、頑張ろうと決意しました。
悔しい思いは、必ず、自分にとって成長するための大きなバネとなるからね。それでは、最後に将来の夢を聞かせて下さい。
S) かなり厳しい夢だと思っていますが、2020年東京オリンピック出場を目標にしています。日本代表になり、みんなの前で思いっきりプレイし、活躍したいと思います。
夢が叶うように、怪我には十分注意をして、頑張って下さい。期待しています。今日は有難う。
S) 有難うございました。頑張ります。

※ニュージーランド代表のラグビーチーム:オールブラックスが、試合前に行なう民族舞踊。

 どういう訳か成城学園では、男子のイメージが強いスポーツで、女子生徒の活躍が目立ちます。インタビューをしていると、「今、自分がやらなければならない課題を明確に設定し、それに向けて全力を尽くす」姿勢を実感しました。結果はどうであれ、何事にも本気で取り組もうとする彼女の真摯な姿は、多くの生徒の手本になります。これから夏休みに向け、生徒たちは、いろいろな学校行事に挑戦して行きます
が、全校生徒の良い刺激になってくれることを期待しています。

page top