学園の取り組み

  • 前の記事
  • 2017.02.20

    せんぱい、教えて! —6年桃組と成城大学・社会イノベーション学部の内田ゼミが交流—

  • 次の記事

 2月13日(月)に、初等学校6年桃組と大学の社会イノベーション学部・内田ゼミの2年生によるコラボ授業が行われました。今年で7回を数え、成城学園ならではの異世代交流です。今年のテーマは「楽しい中学生活を過ごすには」。卒業を控えた6年生たちが持つ中学での期待と不安に、大学生のお兄さん、お姉さんが答えるという企画です。
 内田ゼミ2年生が4グループに分かれ、自己紹介の後、事前に集めた児童たちからの質問に答えるという形で授業はスタートしました。「勉強は大変ですか?」「部活の上下関係は厳しいですか?」など、中学校生活に関しての質問に大学生の先輩たちが自分たちの経験を踏まえながら説明していきます。ゼミ生には成城学園中学校高等学校を卒業した学生が6人おり、より詳しい話を聞くことができました。さらに、学生が大学の4人の先生や職員に中学・高校時代に何に打ち込んでいたかをインタビューし報告。最後は4グループに分かれて「中学生になって頑張りたいこと」を児童たちが考え、大学生がまとめて発表しました。「友達をたくさん作ってください!」「毎日20分でもいいから勉強をやれば部活と両立できるよ!」などの先輩たちからの言葉は、とても励みになったことでしょう。
 大学生にとってはコミュニケーション能力の向上と、世代の異なる小学生と交流することで「消費者ニーズとは何か」を考える体験ができるという目的があるそう。両者にとって、とても有意義な2時間となりました。


  • 笑顔で話してくれました


  • 先輩たちの話に子どもたちは笑顔


  • 「中学生になったら頑張りたいこと」をグループ別に話しました

page top